■労働保険・社会保険に関する各種手続き

 

労働保険や社会保険の手続には様々なものがあり、細かな手続きになってくるとそれを法定通りに処理するだけであっても調べる時間や書類を作成する時間はかなりの時間にのぼります。京阪奈社会保険労務士事務所ではこれら煩雑な労働保険や社会保険の手続きをクライアント様とクラウド上でつながり、正確迅速にシステムを利用して電子申請にて各行政庁に届け出を行います。

マイナンバーの厳格化により、資格取得届など簡単な書類作成であっても気を遣わなければならない時代ですが、弊事務所にはマイナンバーを安全に管理するシステムを導入していますので、安心して業務を委託することが可能となっています。

 

 

 

■給与計算

 

給与計算は少人数であっても社会保険の月額変更や、社会保険料の改定、所得税や住民税の計算等様々なことを考えながら行う必要があります。

京阪奈社会保険労務士事務所では数人程度の事業所様から1000人を超えるような事業所様との取引実績を基に様々な経験を積んでいますので、固定情報の変更や変動情報など何が給与計算に必要であるかをしっかりと精査したうえで、給与計算業務をカスタマイズしていきます。

ただし、給与計算単体でのご依頼に関しましては労働社会保険各種手続きと密接な関係がございますので、その精度を維持するためにお断りさせていただいていますので予めご了承ください。

 

 

 

■就業規則作成・変更

 

京阪奈社会保険労務士事務所では就業規則の作成につきまして社長様若しくは人事担当者様にしっかりと考えて作成して頂くという方針で業務を行っていますので、原則として顧問先様以外のスポットのご依頼はお断りしています。というのも就業規則は会社の根幹をなす最も重要なルールであり、会社の人事担当者がその中身を理解していなければただの紙くずになってしまうからです。

また、会社に即した就業規則を作り上げるためには社会保険労務士が実際に会社の状況などをしっかりと把握しなければならず、社会保険労務士が作成する就業規則の中には会社を守る鉄壁の就業規則というのも存在するようですが、最も重要なのは会社の実態に即した内容を踏まえた上で作成された就業規則の中身をしっかりと理解して運用することです。

よって、クライアント様から就業規則の相談があった場合につきましては、文章を打ち込んだり、条文調整など作業の要するような手間のかかる作業につきましては費用を少々頂戴する場合もありますが、ほぼ顧問料の範囲内で対応させていただいております。